FC2ブログ

解説

【解説】 銀と金

 ←第65回練習会(5) →第66回練習会(1)
福本伸行氏の漫画。
「天」「アカギ」「カイジ」などヒット作が多い福本氏ですが、
この「銀と金」は人気作にありがちな引き伸ばしによるダラダラ感がなく
完成度の面では頭ひとつ飛び抜けている印象があります。


競馬場に入りびたり、無為徒食の生活を送る森田鉄男が、
裏社会の帝王・平井銀二と出会い、
彼に惹かれ、その世界に足を踏み入れていく‥


というストーリーですが、
残念ながら掲載誌の都合により連載打ち切りです(号泣)
おそらく再開は望めないでしょう。


11巻の最後では、銀二が
近い将来、自分が敗北するであろう事を予見するところで終わります。

そしてタイトル、「銀と金」の由来であろう森田のセリフ。
「俺は金と呼ばれたい。銀さんを超えて金になりたい」(意訳)

銀二と森田の直接対決。そして森田の勝利。
そんな展開を予感させる、
打ち切りエンドとは思えない、絶妙な幕引きとなっております。
「鉄男」という名前もその為の伏線だった訳ですね。


ちょっとハードな内容ですが、オススメです。
 

 

 

 


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png お知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 練習会レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 解説
記事一覧  3kaku_s_L.png 議論
記事一覧  3kaku_s_L.png 潜入レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作
記事一覧  3kaku_s_L.png 観劇
記事一覧  3kaku_s_L.png ギャラリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 上演
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【第65回練習会(5)】へ  【第66回練習会(1)】へ