FC2ブログ

議論

第1回発表会 反省会

 ←【解説】 ともだち →第55回練習会(2)
発表会の反省会会場はこちらです。
ちょっと思ったことをつらつら書いていきます。


■ 企画について

「公演」ではなく、あくまで「発表会」。
そう強弁するのは
公演だったら上演許可がゲフンゲフン、使用料がゲフンゲフン‥
とか、そういう裏事情があります。

「これは公演じゃなくて練習過程だよ」
「皆さんに練習風景を見せてるだけだよ」

― といった逃げ道を残している訳です。

いくら営利目的でないとはいえ、
これがかなり苦しい言い訳である事は自覚しています。
何かあったら僕が矢面に立つつもりです。

とはいえ「これくらいはセーフじゃなきゃやってられねえよ!」 というのも本音。



■ 集客について

そんな後ろめたい理由もあって、
当初の計画としては、こじんまりとごく少数の身内で実施するつもりでした。

が、しかし。
内からは「たくさん呼びたい!」と言われ、
外からは「ぜひ見にいきたい!」と言われ。


なのでやむなく、「呼べるだけ呼ぼう」にシフトしていきました。

しかしまさか、あんなに多くの人に足を運んでもらえるとは!
これもマダム枠の人脈、人望の賜物でしょう。

僕の力だけでは、とてもこれだけの人は集められない。
それに負けないような実績作りをしていかないといけませんね。



■ 完成度について

さて。
人を呼んだはいいけど、問題は「どこまで完成度を上がられるか?」ということ。
結果的に見れば、とりあえずは上手くいったと言っていい。
限られた時間の中でやるべきことはやったはず。

それでも、今にして思えば
もっともっと練習日数が欲しかったな、というのが正直なところ。
まあ、これについては欲を言い出せばキリがないですけどね。


実際、「発表会だから」という建前
甘えてしまった部分がないとは言い切れません。

発表会だからこれで許してもらおう ―
マダム枠のやる事だから大目に見てもらおう ―

そもそも、「リーディング形式」と銘打ち
台詞を覚える労力を省略している時点で、
既にお客様のお目こぼしを期待している ― といっても過言ではないはず。


最低限ギリギリの時間しか会場を確保できなかった‥など、
対応が後手に回ったところが多いのも反省点です。



■ 成果について

この企画を通して、
マダム枠の役者としての基礎力が上がった。
僕は演出家としての経験を積むことができた。
そして、第2回開催、第3回開催と、
次に繋がる筋道を立てることができた。これは何より大きい。

そこは自信を持っていい。

しかし、だからといって、一足飛びに
「じゃあ、次はコンパルで」「ホルトの大ホールで」とは‥ 流石にならない。

慢心せず、かといって卑屈にもならず、
一歩一歩を確実に、身の丈に合わせて進めていきたいと考えております。
どうかご理解とご声援をお願いします。




とりあえず、これでひと段落。
溜まってる練習会レポートの公開が終わるまで、ちょっと休憩しましょう。
次回練習会&発表会をお待ち下さい!

20150318_001
 

 

 

 


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png お知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 練習会レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 解説
記事一覧  3kaku_s_L.png 議論
記事一覧  3kaku_s_L.png 潜入レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作
記事一覧  3kaku_s_L.png 観劇
記事一覧  3kaku_s_L.png ギャラリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 上演
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【【解説】 ともだち】へ  【第55回練習会(2)】へ