FC2ブログ

解説

【解説】 エンジェルコード - episode2 の続き

 ←【潜入レポ】 蝉なきやまず(2) →【お知らせ】 脚本公開 1本目!
※以下、ネタバレです。
 脚本を先に読みたい方は、近日中に公開しますのでお待ち下さい。

   ・
   ・
   ・



   ・
   ・
   ・

練習会で話した内容と重複しますが、上演の手引きを説明します。


劇中、明言はしていませんが‥ 姉と妹は同一人物です。

一見したところ、単なる姉妹の諍いのシーンですが、
実際は一つの肉体に共存する二つの人格
「花折」と「千早」の精神世界での対話です。


ただし、現時点での観客にはそれはわかりません。
ヒントや伏線は散りばめられてますので、
台詞の読み方に「含み」を持たせるよう意識すると良いでしょう。



花折は統合失調症の影響(天使の声が聞こえる)により
攻撃的・排他的でかなり危険な人格です。
それに較べて千早は理知的であり、社会生活を送るのに向いています。
が。理性の皮一枚の下は、これまた普通とは言い切れません。

二重人格(解離性同一性障害)な上にそのどちらの人格も
統合失調症を患っているというメチャクチャな設定なのです。




さて。では、「どちらが主人格か?」という疑問が出てきます。
普通に考えて、
「花を手折る」なんて不吉な名前を付ける親が居るとは思えません。
しかし逆に、
そういう家庭環境だからこそ精神を病んだ‥ と考える事もできます。

そしてまた、
「最後の最後に出てきた人格はどっちなのか?」という疑問も。
大人しく引っ込んだと見せかけた花折だったのか?
それとも、あれが千早の本性なのか‥?


以上の疑問に対して、実は僕自身が答えを用意してません。
敢えて、どちらにも取れる余地を残しています。
(今は)演じる人間が想像して決めて下さい。




5分という短い中に、これだけの仕掛けを入れ込んでいます。
なので、やり応えもあるだろうし、
演じ手次第でどうにでも姿を変えていく。

自分で言うのも何ですが、
練習の題材として使うには良い脚本です。

20120813_001
花折 「お姉ちゃんねぇ、天使とお話ができるの」
千早 「天使なんて居る訳ないじゃない!」
 
 
 



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png お知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 練習会レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 解説
記事一覧  3kaku_s_L.png 議論
記事一覧  3kaku_s_L.png 潜入レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作
記事一覧  3kaku_s_L.png 観劇
記事一覧  3kaku_s_L.png ギャラリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 上演
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【【潜入レポ】 蝉なきやまず(2)】へ  【【お知らせ】 脚本公開 1本目!】へ