FC2ブログ

解説

【解説】 珍妃の井戸

 ←第40回練習会(3) →第41回練習会(1)
西太后が未だ権威を振るい、義和団が跋扈する‥
そんな近世中国を舞台にした、浅田次郎氏の歴史小説。


皇帝の妃である珍妃が暗殺される ―
それは皇帝自身が暗殺可能である事を意味する。

「これは貴族制度の根幹である立憲君主制の危機である」
事態を重く見た、英・独・露・日の四人の貴族たちが
珍妃殺害の真相を究明すべく立ち上がります。

始めは新聞記者への聞き込みから始まり、
やがて宮廷の侍従、清国の将校、皇室の血縁‥ と
証言を元に辿っていき、遂には皇帝その人に謁見する‥。

歴史物でありながら、推理小説のようなスリリングな手法に
思わず引き込まれてしまいます。


読み終わったあとに知ったのですが、
「蒼穹の昴」の続編です。
「珍妃の井戸」単体で読んでもそれはそれで面白いですが
順番通りに読んでいけば、人物の相関関係がより一層楽しめるかと。
中国史の中でも特に複雑な時代ですので、
理解を深める意味でも、そっちの方をお勧めします。
 
 
 



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png お知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 練習会レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 解説
記事一覧  3kaku_s_L.png 議論
記事一覧  3kaku_s_L.png 潜入レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作
記事一覧  3kaku_s_L.png 観劇
記事一覧  3kaku_s_L.png ギャラリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 上演
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【第40回練習会(3)】へ  【第41回練習会(1)】へ