FC2ブログ

解説

【解説】 八月のシャハラザード

 ←第10回練習会(4) →第11回練習会(1)
以前、「グリーン・ルーム」の回でちらっと説明しました
高橋いさを作の「八月のシャハラザード」です。


シャハラザード号はあの世行きの船であり、
主人公・亮太は幽霊です。

乗船を拒否して脱走し、無理やり現世にとどまる亮太。
しかし、幽霊であるが故に誰にも見えず話もできません。
一方、ヤクザの川本は梶谷&マキの手により瀕死の重傷を負いますが
これがキッカケで幽霊が見えるようになります。

幽霊とヤクザの二人三脚。
一風変わった組み合わせで話が進みます。


最後に、幽霊が生身の人間を通して想いを伝える‥
という締めくくりは、ベタといえばベタですが、
幽霊物の王道パターンですね。



表題作だけあって、なかなかの良作です。
これも大分県立図書館に所蔵されてますので、ぜひご一読を。

20120725_001
※悪女!!
 
 
 



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png お知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 練習会レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 解説
記事一覧  3kaku_s_L.png 議論
記事一覧  3kaku_s_L.png 潜入レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作
記事一覧  3kaku_s_L.png 観劇
記事一覧  3kaku_s_L.png ギャラリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 上演
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【第10回練習会(4)】へ  【第11回練習会(1)】へ