FC2ブログ

解説

【解説】 藤子・F・不二雄のSFもの語り

 ←第35回練習会(3) →ご挨拶 ~2014~
皆さんご存知、漫画家の藤子・F・不二雄。
「ドラえもん」はあまりにも有名ですが、
その一方でSF短編の名手という別の一面もあります。

ただし、この場合のSFは
「Sukoshi Fushigi」 ― 「すこしふしぎ」と読みますけどね。

SF短編漫画のうちの8本を
オムニバス形式でひと繋がりにして舞台化したものが本作です。
今回の練習会では
エピローグとも言える「流血鬼」の部分を抜き出して使いました。
(練習時間の都合上、ユメタが噛まれた後の展開を省略してますが‥)

このSFもの語り、収録作品は以下の通り。

 ・おやじロック
 ・コロリころげた木の根っ子
 ・三万三千平米
 ・定年退食
 ・あのバカは荒野をめざす
 ・夢カメラ
 ・カンビュセスの籤
 ・流血鬼


原作を知っていると、
漫画がどのように脚本化されるかという目線でも楽しめます。
また、SFと演劇の親和性の高さにも気付けるはずです。

所蔵は大分県立図書館でしたが‥
まだ残ってるかなぁ?


  ・
  ・
  ・

これが2013年の最終更新です。
では皆様、また来年お会いしましょう! どうかよいお年を!
 
 
 



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png お知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 練習会レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 解説
記事一覧  3kaku_s_L.png 議論
記事一覧  3kaku_s_L.png 潜入レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作
記事一覧  3kaku_s_L.png 観劇
記事一覧  3kaku_s_L.png ギャラリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 上演
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【第35回練習会(3)】へ  【ご挨拶 ~2014~】へ