FC2ブログ

解説

【解説】 そして誰もいなくなった

 ←【潜入レポ】 Beauty-pool収支報告会 →本日の自主練(20130206-1)
アガサ・クリスティの代表作‥ というか、
海外推理小説の代表作ともいうべき作品です。
誰しもそのタイトルくらいは耳にした事があると思います。

今回練習で使用したのは
アガサ・クリスティ自身が戯曲化した舞台版です。


  10人のインディアンが食事に出かけた
  ひとりが喉を詰まらせて9人になった

  9人のインディアンが遅くまで起きていた
  ひとりが寝過ごして8人になった

  8人のインディアンがデヴォンを旅していた
  ひとりがそこに残るといって7人になった

    ・
    ・
    ・

  そして誰もいなくなったとさ


童謡の歌詞になぞらえた犯行。
島に残された男女10人が一人、また一人と殺害され
誰もいなくなるまでの描写は手に汗握ります。



文句なく面白いのですが、
それを二時間の芝居に納めるとなると
それなりの無理が出てくる感じは否めません。

まず、各客室・ロビー・キッチン・テラス・海岸‥
などいろんなシーンがあるのに
これを場転なしの一つのセットに詰め込んでしまっているため
付属の舞台見取り図がとんでもない事になってます。
そりゃあもう、ぎゅうぎゅう詰めです。

もうひとつ。
二時間で10人殺害となると、相当なハイペースです。
小説版では一致団結して
犯人に対抗しようとする描写がありますが
それがないため、展開があまりに一方的になり、
これまたぎゅうぎゅう詰めな印象を受けます。

重箱の隅ですが、
小説と較べてそこは気になったかな、と。



あと、戯曲版ではオチが違います。
なので小説版を読んだ事ある人にもオススメですね。
寧ろ、読み比べてみては如何でしょうか?

20130213_001
※ひとりが喉を詰まらせて残りは9人になったとさ
 
 
 



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png お知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 練習会レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 解説
記事一覧  3kaku_s_L.png 議論
記事一覧  3kaku_s_L.png 潜入レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作
記事一覧  3kaku_s_L.png 観劇
記事一覧  3kaku_s_L.png ギャラリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 上演
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【【潜入レポ】 Beauty-pool収支報告会】へ  【本日の自主練(20130206-1)】へ