FC2ブログ

議論

「危機は回避の方向で」上演後記

 ←【ギャラリー】 危機は回避の方向で →【潜入レポ】 声優学校講師代行(20191207)
※ブルーバード劇場での次回公演に向けた
 個人的メモ、もしくは備忘録みたいなものです。
 自分に関係ないと思ったら読み飛ばして構いません。




音響・照明の機材については、
とりあえず明かりが付く、とりあえず音が鳴る
程度に考えておいた方がよさそうです。

備え付けのCDデッキも演劇専用機という訳ではないので、

・CDを挿入すると自動で(= 勝手に)再生開始になる

・再生ボタンを押してから再生されるまでに、明らかなタイムラグがある

・今、何曲目の頭出し状態になっているのか確認できない

・CDを入れ替えると、一曲目ではなく途中から再生される

 (入れ替え前の停止位置を引き継いでいる?!)

‥など、かなり厄介な仕様になっている。
(音響オペ経験者なら、聞いただけでぞっとすることでしょう)


ゲネでやってみて、「これは無理だ」と判断。
結局、自分がいつも使っている稽古用のCDプレーヤーに
繋ぎかえて本番を迎えましたが‥
もしそうでなかったら絶対にやらかしていたと思う。

持ち込むか、慣れて使いこなす工夫をするか。

もし持ち込むなら、
ミキサーにつなぐ変換ケーブルも忘れずに。




あと、終わった後だから言えるけど、
実は音響ブースから舞台が見えていない。
(正確に言うと、役者の背中しか見えない)

そんな状態でどうやってタイミングを計るかというと、
これまで稽古を見てきた感じや
この役者ならこうするだろうなぁという予測、
そして「このシーンならこうなるハズ!」という
これまで積み重ねてきた勘や経験 ―

それらを綯交ぜにしたものをアテするしかない。


本番前の土壇場で、役者に
「見えないから動きを変えてくれ」とも言い出しにくい。
しかも今回の公演は
そんなに余力のあるベテラン揃いって訳でもないし。
結局、そのしわ寄せは
年長者でありサポート役である僕に回ってくる。
(立場上、僕が呑むしかない)



それはまだいいとして ―

音響ブースが舞台下袖の段下という妙な配置にある都合上、
音響オペが舞台を確認できないという現象が
どんな公演であっても多かれ少なかれ発生する事の方が問題。


今回はまぁ何とかなった(と思う)けど、
もし演出上もっとシビアなタイミングを要求されるようであれば‥

正直に事情を話して相談した方が無難かもしれません。




ついでに言うと ―

実は、音も聞こえない。(音響ブースなのに!)

自分がスピーカーの裏側に居るような形になるので、
舞台上や客席での音量を体感しづらいのです。

もし技術や知識があるのなら‥
音響ブースを客席後ろの定番位置に設営することを
強くオススメします。


20191203_001
楽に終わると思いきや‥ 散々だった‥
 

 

 

 


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png お知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 練習会レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 解説
記事一覧  3kaku_s_L.png 議論
記事一覧  3kaku_s_L.png 潜入レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作
記事一覧  3kaku_s_L.png 観劇
記事一覧  3kaku_s_L.png ギャラリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 上演
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【【ギャラリー】 危機は回避の方向で】へ  【【潜入レポ】 声優学校講師代行(20191207)】へ