FC2ブログ

議論

【必読】今日から脚本家 番外編2(追記)

 ←【潜入レポ】 恒例!麻雀大会!(20190908) →【潜入レポ】 本日の活動報告(20190923)
番外編2で「これはやめとけ」を紹介しましたが、
書き漏れがあったので追記しておきます。

それは「当て書き」です。



■当て書き


何でこの項目が書き漏れていたかというと、
自分で当て書きをやった事がないから、でしょうか?

描きたい物語の構成要素として
当て書きを行う必然性があれば、技術として使ったかもしれませんが‥
これまでそんなケースは一度もありませんでした。



限られた人員、限られた期間で
必ず上演しなければならない ―


そんな条件下で確実性を求めるなら、
手段の候補として当て書きが挙がるのも当然でしょう。

それでも。

僕は推奨できる方法とも思っていません。



理由は明白。

「役者のために当て書きする」という行為は
裏を返せば
「脚本家が役者の上限を決める」ということ。

それは越権行為です。

その権限があったとしても、
役者の限界を設定するということは
そのまま脚本の限界を決めてしまう事と同義です。

役者も役者で
脚本家の押し付けの中でしか演じられなくなる。


当て書きすると世界が閉じる。
そして、閉じた世界には成長も未来もない。





そういう信念があるから、やらない。
というか、できない。

上演という義務を果たす最短ルートだと頭で判っていても
使う気にはなれないですね。
(演劇性を殺す演劇手法を使う訳にはいかない)

やるとすれば‥

・登場人物の人数や男女比を実情に合わせる
・年齢層を演技で無理なくカバーできる範囲に抑える


くらいですか。

まあ、そこまで。
あとは、役者と演出家を信じて
自分が書くべき物語を書きましょう。



当て書きは、
脚本家側も役者側もプロである事が前提の技法な訳で。
我々はアマチュアなのですから、
「当てる」という余計な制約を外して考えるべきなのです。


それとも‥
制約が多ければ多いほど面白いものが書けると
自分の力量を過大評価してたりしますか?
 

 

 

 


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png お知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 練習会レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 解説
記事一覧  3kaku_s_L.png 議論
記事一覧  3kaku_s_L.png 潜入レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作
記事一覧  3kaku_s_L.png 観劇
記事一覧  3kaku_s_L.png ギャラリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 上演
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【【潜入レポ】 恒例!麻雀大会!(20190908)】へ  【【潜入レポ】 本日の活動報告(20190923)】へ