FC2ブログ

議論

考察・大ホールでの上演について(3)

 ←日本劇作家大会 会合(20181223) →第74回練習会(1)
■3 駐車場の確保

ホルトホール‥‥というより、大分駅近辺では
駐車場が足りてないようです。
大ホールで公演がある日は
単純計算で1200人分、いつもより人出が増える訳
そんな状況に対応しきれていないように見受けられます。
(都市開発計画の欠陥ですかね?)

大ホールでの公演の日は
バスか電車か‥
どうしても自家用車であれば
コンパルホール側の区画なら、
まだ駐車場に空きがある可能性が高いようです。



■4 時間の明記

これは聞いた話なんですけれど、
面白いしナルホドと思ったのでご紹介。

曰く、「終演時間を書いてほしい」とのこと。

確かにそうだ。



「この時間にお芝居が始まりますから
 遅れないように来てくださいね」


は、わかる。けど、


「何時に終わるかは教えません
 観終わった後の貴方たちの都合や予定なんか
 知ったことではないです」


は、確かに酷い。



物語を楽しむ上でも
「時間」という概念は大事です。

本だってそうでしょう。

あとこれだけで読み終える ―
残りのページでどんな結末に向かうんだろう ―

そう思いながら、一枚一枚めくっていく。

でも、もし先が見えなかったら?
エンドレスだったとしたら?

果たして、読書を楽しんでいられるかどうか。


演劇だって同じです。
開演2時間経過して、まだ着地点が見えてこない。
そうなった時にまず感じるのは
「まだ続くの?」「いつ終わるの?」なはず。
(無意識に時計をチラ見し出すことでしょう)

「やったーまだ終わらないんだー!」は圧倒的少数派です。


作品ひとつ観るのに、体力も覚悟もそれなりに必要な訳で。
ダラダラと際限なく続けて、
それをお客さんが全身全霊を掛けて見続けてくれる‥
と期待するのは、甘えでしかありません。



ホールが大きくなれば、作劇も大規模になる。
それはある意味必然であり、やむを得ないことです。

しかし、映画にしろ演劇にしろ、
「1作品2時間」が標準であり共通認識。
もしその2時間を大きく逸脱するような場合、
ポスター・チラシ等で上演時間や終演時刻を
事前に通達しておくのが礼儀じゃないでしょうか?


それやってしまったとして、
何かデメリットがありますか?
コストが跳ね上がったりするんですかね?



本シリーズは以上です。
 

 

 

 


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png お知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 練習会レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 解説
記事一覧  3kaku_s_L.png 議論
記事一覧  3kaku_s_L.png 潜入レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作
記事一覧  3kaku_s_L.png 観劇
記事一覧  3kaku_s_L.png ギャラリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 上演
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【日本劇作家大会 会合(20181223)】へ  【第74回練習会(1)】へ