FC2ブログ

議論

【閲覧注意】何故、演劇はいまいちなのか?(1)

 ←警告 →【閲覧注意】何故、演劇はいまいちなのか?(2)
 

過激・不快な表現が含まれます。
以下、自己責任で読み進めてください。
 


 

 

 

 

 

 

何故、演劇はいまいちなのか?

第1章 「打率」


凄まじいタイトルですが、
そういうテーマでコラムを連載したいと思います。



とかく、演劇というのは「ハズレ」を引かされる。
これは別のジャンルや他の舞台芸術とは大きく異なる、
際立った特性であるといえます。



仮に。

大分で行われる公演を無作為に選んで。
「知り合いが出演してるから」とか
「付き合いだから」とか、そういうのを抜きにして。
純粋に入場料を支払った対価として演劇を鑑賞した場合、
満足できる確率はどのくらいか?



どのくらいだと考えますか?


僕は2割切ると思う。




そりゃあ、プロの公演や有名な劇団でもハズレの時はある。
県外まで足を伸ばし、消沈して帰ることもなくはない。
そもそも、書店で、図書館で、
面白いと思える脚本に出会える事の方が稀でしょう。
自分の意思で取捨選択してさえ、その有様。
先にも述べた通り、
「ハズレを引かされる」のは演劇の特性なのです。


しかしそれでも。
いくら何でも、打率2割は低すぎる。




この数字がどのくらい低いかというと‥

演劇に興味を持った人がいて、初めて劇場に来ました、と。
気の早い人は一回で見切りをつけるかもしれない。
その確率が80%。

どんなに気の長い人でも、
三回連続でつまらないと思ったら興味を失うでしょう。
それが、0.8×0.8×0.8=0.512で51%。五割を超える。

逆に、三回連続でアタリを引ける確率は、
0.2×0.2×0.2=0.008。つまり、1%以下!

2割ってのは、そういう絶望的な数字です。



こんな惨憺たる状況下で、
演劇文化を広めよう、演劇人口を増やそうと
どんなに頑張っても‥
労力に見合う成果を挙げるのは難しいんじゃないでしょうか?

僕は、既に無理ゲーと割り切ってます。


大分に劇場が少ないから、とか。
県の後押しや理解が足りてないから、とか。
そっちに原因を求める向きもあるんでしょうが‥
そういうワガママを言える域にさえ達していない
というのが実情でしょう。

お客さんは悪くない。
こんな状況を生み出している僕ら演劇人が悪い。
「こんな演劇でスミマセン」と、
僕らがお客さんに対して頭を下げないといけない立場にある。




しかし、何故こんな状況になったのか?

それもまた演劇の特性によるものです。



その2に続く。
 

 

 

 

記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png お知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 練習会レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 解説
記事一覧  3kaku_s_L.png 議論
記事一覧  3kaku_s_L.png 潜入レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作
記事一覧  3kaku_s_L.png 観劇
記事一覧  3kaku_s_L.png ギャラリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 上演
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【警告】へ  【【閲覧注意】何故、演劇はいまいちなのか?(2)】へ