FC2ブログ

潜入レポ

講師代行(20180120) その2

 ←【ギャラリー】 よっちゃんうどんがありまして →講師代行(20180120) その3
問題というのは‥

コンペには2作品提出しないといけない。
6人を二つに分けて1チーム3人。
なのに、コンペ台本の登場人物は最低6人。

要するに、一人二役以上必須ということ。



声優業界で役の兼任というのは無い話じゃない。

例えば、ガールズ&パンツァー。

ツチヤとダージリン、スズキとオレンジペコ、ホシノとカチューシなどなど‥
中の人が同じという事例は探せばいろいろ出てくる。
(モブを含めるとすごい数になりそう‥)
そど子・ごも代・パゾ美に至っては一人三役だし、
新キャラのサメさんチームは、ほぼ全員が既存キャラとの兼任。



それでも何とかなるのは
まず、出番が極力カチ合わない配役になっているということ。
そして、主役級の掛け持ちがないこと。
それより何より、映像によって
「別の人物が喋っています」というお約束が認識できるのも大きい。
(最後に「プロの声優さんだから」というのも付け加えておこう)



で、あるのに。
今回は
「アマチュアが」「映像なしに」「掛け合いを」「一人二役で」
やっていこうというお話な訳で。

何かハードル高くて頭痛い‥
しかし、年一回の大事なコンペ! 逃げる訳にはいかない!!


その3に続く。
20180126_001


【 声優の兼役についての補足 】

兼役については、経費削減というより
「スケジュール管理のしやすさ」の面が大きいようです。
登場人物が多くなればなるほど、
人気声優さんを一箇所に集めるのが難しくなります。
一人増やすたびにオーディションをやるより、
今いる人材(実力保証済み)を充てた方が早くて確実ですし。

他、双子や親子という設定なら、
同じ声優さんでも違和感がないですね。
「夏目友人帳」のニャンコ先生と斑など、
変身前と変身後であえて同じ声優さんを起用するというのも
演出的にも技術的も面白みがあります。

 

 

 

 

 


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png お知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 練習会レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 解説
記事一覧  3kaku_s_L.png 議論
記事一覧  3kaku_s_L.png 潜入レポ
記事一覧  3kaku_s_L.png 製作
記事一覧  3kaku_s_L.png 観劇
記事一覧  3kaku_s_L.png ギャラリー
記事一覧  3kaku_s_L.png 上演
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【【ギャラリー】 よっちゃんうどんがありまして】へ  【講師代行(20180120) その3】へ