おおいた演劇同好会

大分演劇人のためのサークル。練習会の活動内容や練習風景を紹介!

【上演】 三面記事の三人(20171104)

上演

サラサラ本舗さんの公演も終わり‥
そのドタバタのさなか、
静岡・高校演劇合同発表会での
吉原工業高校「三面記事の三人」も無事終演を迎えたようです。

いただいた文面から察するに、
なかなか好感触であったらしいことがうかがえます。
正直、「高校生には早い」「健全な発表会向けではない」
危惧しておった訳ですが‥
今日日の高校生、侮れません。

さあ、次は演劇大学!
これを乗り切ればやっと一息つけます!!
 

 

 

 

▲PageTop

【上演】 「夢で逢えたら!」感想

上演

ご来場ありがとうございました。
事前には申し上げておりましたが、
本当にチョイ役でしたね! 台詞がなんと1回です!
ご覧になられた方もさぞ驚かれたことと思います。



そんなチョイっぷりにもかかわらず、
舞台用メイクをしていただき、
(まともなメイクなんて何年ぶりだろう!)
更には、コンパルホールという大舞台の満席という状況で
カーテンコールにまで出させていただきました。
これはもう、感謝を通り越して恐縮でさえあります。

稽古期間の長さや再結成した経緯を知ると尚更です。



ただ、いうほどラクではなかったです。

まず、引き受けた段階で、
平日公演だという認識がなかったですからね。
気付いた時には本当に血の気が引きましたよ。
有給申請が通るまでドキドキでした。

稽古日数が少ない上に、
本番当日で動きが大幅に変わるなどなど‥
裏側ではドタバタです。



そんな個人的事情はさておき。
身びいき抜きにして、総じてよい公演だったと断言できます。
お客と演者の距離感や関係性。
演劇は観客に対してどうあるべきかという問いについての
一つの答えを示していると思います。


短い間でしたが、この公演にかかわれて良かった。
この縁と出会いに感謝です。

20171115_002
左側奥に注目!
 

 

 

 

▲PageTop

【観劇】 立見席「白鳥の歌」

観劇

劇団立見席
第72回公演 『白鳥の歌』

観てきました。


直球勝負のテーマ。
最小限の舞台セットの中、
縦横無尽に駆け回る役者たち。

今時珍しい「がむしゃら」という表現がぴったりな、
古き良き時代の演劇熱を堪能できました。


しかし、前回観た「見上げてごらん夜の星を」とは
随分作風が違ってたので、ちょっと面食らってしまいましたね。
どっちが本来のスタイルかは判りませんが、
その幅の広さもまた魅力の一つではないでしょうか?


「大分公演と東京公演がワンセット」
というコンセプトは未だ健在のもよう。
息つく間もなく、来週は東京ですよ。
劇団の一致団結したバイタリティに感服です!

20171111_001
 

 

 

 

▲PageTop

【番宣】 立見席「白鳥の歌」

観劇

ここで番宣です。
大分での公演情報をお届けします。

劇団立見席
第72・73回公演 『白鳥の歌』


■日時
2017年11月11日(土)
昼公演 14:00
夜公演 18:30
※開場はそれぞれ開演30分前
※東京公演は11/17~11/18

■場所
ホルトホール大分 小ホール

■入場料
当日券 大人2000円 高校生以下1500円



上演美直前のご報告になって申し訳ないですが、
僕も結構ギリギリに知らされたもので‥(汗)

お時間のある方、週末は何しようか迷ってる方は
ぜひぜひ劇場へ足をお運びください!!

 

 

 

 

▲PageTop

【上演】 サラサラ本舗「夢で逢えたら!」

上演

サラサラ本舗公演
たそがれて今、Ubaざかり Part.6
「夢で逢えたら!」


無事に終演しました!!

昼の部はともかく、
夜の部はお見送りもできず、失礼しました。

当方の知己や、
数少ないよしりん目当てのお客様がおられましたなら、
この場を借りてお詫びいたします。
(撤収要員としての役割もあります、どうぞご理解ください)

ただ、どちらのカーテンコールの時も
僕の名前を呼んでくださった方がいたこと、忘れません。
サラサラ本舗さんの公演だったからこそと思います。
おそらくもう二度とない体験です。感激しました。



しかし、チョイ役とはいえ
久々の大舞台で流石に疲れましたね。
取り急ぎ、今日のところは御礼とご報告までに。
また後日、改めて感想などを。

20171109_002
 

 

 

 

▲PageTop

Menu

最新記事一覧

プロフィール

Author:よしりん@演劇同好会
よしりんアーカイブス別館です。
おおいた演劇同好会の
活動内容を紹介します。

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR